8月5日12時42分時点における、株探3日間アクセスランキング人気テーマベスト30は、トップ3が、1位が全固体電池、2位に人工知能、3位にips細胞となりました。
 7月19日に経済産業省が2050年までに世界で販売する自動車を電気自動車やハイブリッド車などの電動車にする目標を盛り込んだことや8月2日の電気新聞で日立造船が2019年度中に全固体リチウム電池の販売を開始する方針が報じられたことで注目が集まったようです。なお、電気自動車関連は9位、リチウムイオン電池が10位でした。
 トップ3にほぼ安定的につけている人工知能はさておき、3位にこれまでベスト30に上がってこなかったips細胞が3位に浮上したのは意外でした。どうも日経新聞において、新潟大が京都の企業ipsポータルと連携協定を結んだ報道がなされており、同社の顧問にips細胞関連銘柄であるヘリオスの社長が、株主にエーザイやips細胞関連銘柄の新日本科学や味の素が存在していることが理由と思われます。
 また、4位に先週7月29日時点で3位だったTOPIXコア30、5位にカカクコムとKDDIとの資本業務提携もあってか先週8位の5G、6位に先週1位のカジノ関連、7位に先週13位のJPX日経400が入りました。
 ブルームバーグにおいて、世界最大手の半導体受託生産米でアップルのスマートフォンiPhoneの主要プロセッサーでもある台湾積体電路製造(TSMC)が、8月3日夜に工場で多数の製造ツールにおいて、コンピューター・ウイルス感染と対処について発表したことや一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンターが「仮想通貨を要求する不審な脅迫メールについて」を発表し、メール受信者が実際に使用しているパスワードが本文に記述されたスパムメールが出回っており、送信者は何らかの方法で受信者が使っているパスワードを入手している可能性があることを指摘していることもあってか、8位に先週11位だったサイバーセキュリュティー関連、21位に先週22位の情報セキュリティー関連が入りました。なお、アップルが8月2日に時価総額1兆ドル超えたこともあり、アップル関連が24位に入りました。
 このほか、11位にブロックチェーン、12位にソーシャルゲーム、13位eスポーツ、14位半導体製造装置、15位に量子コンピュータ、16位にサマーストック、17位半導体、18位にパワー半導体、19位IoT、20位に日経中国関連50、22位にセルフレジ、23位仮想通貨、25位人材派遣、26位が花粉症対策、27位がディフェンシブ、28位RPA(事務用炉ボット)、29位化粧品、30位にビッグデータが入っています。背中 脱毛