身は、昔より、時劇を見て育ったせいか、大人になった今でも、日にちが湯煤範囲で、時劇を楽しんでいる。殊にお気に入りなのが、暴れん坊将軍と水戸黄門です。
 徳川吉宗を演じて要る松平健の刀捌き、ファッション映え講じる恰幅の良さ、スクリプト家屋やマネジメントが数名役割されているのか、各回雰囲気を凝らしたパッケージになっている。戦国時がおわり、天下泰平の業界となった時代に、過ちを重ねている代官や、私腹を肥やす悪党などを、最後はおガーデン番に対して「成敗!」の一言で切られて仕舞う様、だいぶスカッとする機会です。種類化され、大岡越前や爺の役どころ、め仲間の男衆、などのモデルくんも翻り、私の中で、大岡越前は誰が演じたら頂点かっこいいか、などを企てるのも、エンターテイメントのひとつである。代々将軍の取り分け、名君と名高い徳川吉宗の時、どんなに作り物とはいえ、将軍様直々に悪党を懲らしめておるハズもなかろうと思いつつも、功績の表場に出てこないだけで、テレビジョンのインナーと同じことが置きていたら、困難業界であったろう。考えは馳せる。
 一方の水戸黄門であるが、暴れん坊将軍とおんなじ徳川家屋のお客様の物語。内容の中では、「越後のちりめん問屋の隠居」として登場する。速い内容が、供を引き連れ、国中を旅して回る祖父の内容です。これだけ聞いても、長所もなにも感じないが、出向くとこといくところに悪党がいて、その悪徳に泣かされておる大衆がいらっしゃる。とにかく事例のニオイがやる。各回、水戸黄門とは別使用をやる、風車の弥七から、過ちに関する文言が行き着く。弥七はどこからこんな見聞を入手してきているのか、ミラクルです。また、ことごとくといっていいほど由美かおるくんによる、入浴状況。殿方の関心に応えての状況なのであろうが、の身から見ても、オーケーお可愛い。そして、忘れてはいけない、うっかり八兵衛。食いしん坊とい配列になっていが故に、各回、食に関する最高潮が絶えない。前提だが、助くんと格くんはれっきとした武士。随時広がる、恋愛の内容も見ものです。水戸黄門を取りまく人々のだいぶ有難い地点。諸大名からすると、これ程忠実な家臣がいたら、何とか良いことかと羨ましがられることだろう。もしも、身が当時の大名なら、あんな家臣がほしい。恐らくは、人徳による売り物だろう。コメントもさる地点なかれ、身がかわいがりてやまない台詞が起こる。最後に悪党と決するところ、印籠が現れる状況が残る。「鎮まれ〜鎮まれ〜」「こういう紋所が目にはいらぬかぁ〜」こういう台詞は、最初字最初句憶え、必ずと言っていいほど、一緒に言っている。私もキャラの独自になったかのような気分になる。しかし、なぜか悪党は刃向ってきて、最後は成敗変わるのがオチだが、何回見ても痛快なシーンである。
 それぞれの時劇に共通する地点として「勧善懲悪」がいる。モラルは勝つ!悪いことをしたら、罰せられる。当たり前のことだが、今の人間が欠けるようなことではないだろうか。時劇を通して、先祖が行ってきたことを再び考え、今の人間が有ることに御礼をしなくてはならないと、暴れん坊将軍と水戸黄門から教わった気がしてある。