地球について研究しました。天球上のお日様の動きは、地球の公転による見かけのパターンであり、お日様は365.2422太陽で黄道後を春分地に対して1周行う。こういうローテーションを1太陽年といいます。地軸がわずかに変化し、春分地が移動する結果1太陽年は地球の公転ローテーション(365.2564太陽=1恒星年)よりある程度少ないだ。天球は、地球を中心にして星を投影やる無限に大きな球だ。地球の公転軌道は圧倒的円ではなく楕円軌道であるため、地球は1月々上旬にお日様から最も近い箇所(近日地)を通過し、7月々上旬に何より遠い箇所(遠日点)を通過します。地球の公転は、ケプラーやニュートンによって17世紀には理論的に明らかにされていました。地球が公転しているとすれば、公転にともなう1年をローテーションとする恒星のちっちゃな見かけのパターンがあるはずです。こういう動きのがたいを表す隅を年周視差と済む、立場の秒で表されます。このことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。