裸子植物などについて探究しました。裸子植物の花には花びら・子房がなく、胚珠が丸裸だ。花粉は虫でなく振りを通じて運ばれる代物(風媒花)が多いです。裸子植物はマツ、イチョウ、スギがあります。3ひと月から5ひと月にわたって、スギの花粉が大量に雄花から排泄されます。花粉は数100kmも飛び、スギ花粉症をおこします。被子植物はカキ、リンゴ、ナス、キュウリがあります。次は、日光かげで育つ植物に対してだ。栄養素のつくり人間は、シダ植物という蔑ろ植物というソウ集まりともに葉緑体調をもち、光合成を通じて栄養素をつくります。根・茎・葉の分類(維管束の有無)は、シダ植物は根・茎・葉の分類があり維管束があります。蔑ろ植物とソウ集まりは、根・茎・葉の分類がありません。なかまのふやし人間は、シダ植物は胞子でふえ、前葉体調をつくります。受精に水が必要です。蔑ろ植物は牝株、雄株があり胞子にてふえます。ソウ集まりは胞子(遊走輩)や管理、接合でふえます。知らないことを学べて良かったです。http://www.adnmedellin.co/taiken-kaunseringu.html